ホーム>スタッフブログ>ブログ>ドラゴンボールに学ぶこと
ブログ

ドラゴンボールに学ぶこと

おはようございます。山元ですsun

一昨日ドラゴンボールを見ていたら、亀仙人のじいちゃんが、

痺れるようなセリフを言っていました。

「武道は勝つためにはげむものではない。

おのれに負けぬためにはげむのじゃ。

相手の力などにとらわれているようでは

いつまでも未熟者のままじゃ。」

「おのれの心を見つめるんじゃ悟空。

答えはおぬしの中にあるぞ。」

ブルブルきました。

ドラゴンボールは今も続いているのですが、

原作者の鳥山明さんではなく、「とよたろう」さんという方が

許可を得て続けておられます。

もう訳が分からないぐらい周りが凄くなって、最初の師匠など

霞んでしまっていたところにこの痺れるセリフで悟空は

さらなる成長を遂げます。

こういうキャラの活かし方なども鳥山明さんがドラゴンボールを

とよたろうさんに託した理由の一つなんでしょうね。

少し、マニアックな話でしたが、

答えは自分の中にある。

私も心にとどめておきますsign01

今週もありがとうございました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.e-keishin.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3126