ホーム>スタッフブログ>最新情報>一隅を照らす
最新情報

一隅を照らす

おはようございます。山元ですsun

私は新年になると必ず伊勢神宮にお参りして、祈祷してもらいます。

そして、10日になると10日えびすで京都のえびす神社に。

伏見稲荷でも商売の繁栄を祈願しています。

もやはルーティンになっています。

すると次第に寺社仏閣に興味が出るようになり、

色々なところを巡るようになりました。

天台宗の総本山、比叡山に行くと、そこかしこに

「一隅を照らす」

という一文が書かれています。

これは伝教大師最澄が天台宗を開くにあたり、「山家学生式」の中に記した一文

「径寸十枚是国宝に非ず。一隅を照らす是即ち国宝なり」

の一節です。

数多くの金銀財宝よりも、みんなが自分の与えられた位置で輝ければ、

職場や町や国や世界が輝きます。これが何よりの宝であると。

素晴らしいお話です。

近くにもこんな素晴らしい言葉が溢れています。

人生常に新発見。