ホーム>スタッフブログ>山元のブログ

山元のブログ

一年の感謝

おはようございます。山元ですsun

先週ですが、伊勢神宮にお参りしてきました。

毎年行っているのですが、やはり行くと心が洗われる気がします。

神社にお参りするのは昨年無事に過ごせたというご報告と御礼。

私や私の家族、会社の皆さんが生かされている感謝の気持ちを、

伝えに行っています。

その後、お神楽を受け、本年の無事を祈願して頂きます。

昔は宝くじが当たりますようにとか、いい人に巡り合いますようにとか、

場違いな願掛けをしていましたが、そうではなく、

そもそも自分という人間とその周りが生かされているという、

大いなる力に感謝すること。

そんな気持ちもこの歳になってようやく出るようになりました。

ありがとうございます。

 

 

誰が悪い?

おはようございます。山元ですsun

我々は商社ですから、得意先から依頼を受けたものを仕入先に手配し、

得意先に納めるというのが基本的な仕事です。

その中の半分はオーダーメイドであり、仕入れ先である加工業者と

図面のやり取りをすることが多いです。

しかし、いつも頼んでいる物でも、ある日図面に穴が一つ増えていたりします。

図面と一緒に間違いないように流すのですが、

出来上がってきたものに穴がなかったりします。

そんな時、こちらとしては図面を流しているわけですから、

「図面も流してるんだから、しっかり確認してくれないと!」

という主張が生まれます。

しかし、加工業者にも言い分があります。

「同じように流されてたらいつもと同じだと思ってしまう。何か一筆注意書きが欲しかった」

もちろん分はこちらにあり、直してもらうのですが、

ただ自分の主張だけを自分が正しい、間違っていないと通すのではなく、

「次からは一筆加えておけば間違いも減るな」

と建設的にまた相手の気持ちも汲んで取り入れることで、

次の仕事にスムーズさが生まれます。

なかなか感情的に来られるとその辺が売り言葉に買い言葉になりがちなのですが、

最近では受け流せるようにしています。

ジョブカード研修

おはようございます。今週週番の山元ですsun

先週土曜日に、ジョブカードセンターの方に来ていただき、

自分を振り返りながらジョブカードを作るという取り組みをしました。

私はもう履歴書すら書くこともないので、貴重な経験です。

やってみると、自分で認識していることと他人が自分に対して認識していることには

やはり、少し相違があります。

そこを否定するのではなく、美点凝視でさらにいいところを引き出していく。

そういう取り組みでした。

自分の得意とする武器は何か。

他人に劣る能力より、自分の得意な分野で攻めた方が、もちろんやりやすいですよね。

野球選手もいれば、サッカー選手もいる。

一方の真似をしても到底及びませんから、野球選手は野球で勝負!!

それを我々にも当てはめていったのです。

社員さんたちも一様に自分の得意な部分を認識し、

これからの仕事に生かそうとしていました。

これからが楽しみですね。

今週も宜しくお願い申し上げます。

限定に弱い

おはようございます。山元ですsun

昨日付加価値の話をさせて頂きましたが、そういえば私、

「限定」という言葉にとても弱いです。

「限定15個」「お一人様2個限り」「甲子の日限定」「本年度限定」

こういう言葉が書いてあると、例え欲しくなくても

興味を示してしまいます。

中でも「お一人様2個限り」という言葉。

本当に魔法のような言葉だと思います。

いらないのについつい2個買ってしまいます。

単純だとか、騙されやすいとか、お叱りの言葉も聞こえてきそうですが、

私だけでなく、結構な割合の方がこういう限定ワードに弱いと思うのです。

恒久的に売れているようなものに対して、「限定」と言ってしまうのは

詐欺かもしれませんが、出る量を調整して市場を操作するような高級腕時計などを

見ていると、必ずしも数が捌ければいいというものではないということですね。

我々のオンリーワンは何か。我々の限定とは何か。

考えるとワクワクしますcoldsweats01

今週もありがとうございました。

 

物の価値

おはようございます。山元ですsun

先日受けたセミナーで、80円の物を250円で売るにはどうしたらいいか?

という興味深いお話をききました。

そもそも「いいものは高い」というのが本来の商売形態だったのですが、

高度経済成長期にフランチャイズやチェーンといった業態が日本に入ってきて、

「いいものを安く」という考えが一般的になりました。

しかし、大量仕入れで安さに物を言わせる大型チェーンやフランチャイズに

一店舗が単独で仕入れるような業者が勝てるはずありません。

それに対抗しようとして利益を圧迫し、随分なお店が潰れていきました。

しかし、最近ではそのような流れも二極化しつつあります。それは

ニトリさんやユニクロさんなどに代表される「程よいものを安く」

ライザップさんや高級エステのように「高付加価値の付いたものは高く」

同じようなジムであってもマンツーマンで集中的に管理されることにより、結果を出すことで、

高付加価値をつけるライザップさんのように、

顧客が支払ってもいいと思わせる商品であれば、同じものであっても

高く売れるというのです。

そうですよね。

本当にいい家具なら少々高くても買います。

BBQで使う網は100円ショップで買っていきますが、

足りなくなった時、キャンプ場で売られている同じものが500円であっても買いますよね。

スキー場のジュースもゴルフ場で足りなくなったボールもぶつぶついいながら買いますしね。

弊社も同じです。一般的な商品に対して大手ECサイトなどに勝てるはずがありません。

ならば同じ商品に対してどうやって付加価値を付けていくかが勝負どころです。

より質の高いサービスでお客様にお金を支払ってもいいと思っていただけるように。

あ、くれぐれも申し上げておきますが、ボッたくるという意味ではありませんので、

誤解されませんようお願い申し上げますcoldsweats01

 

体調管理とは

おはようございます。山元ですsun

家を建てようかと色々なハウジングセンターを見て回っているのですが、

一度どんなところか泊まってみてください。

というところがあります。

で、旅行気分で体験宿泊をしたのですが、

今の家って暖かいんですねcoldsweats02

スキマ風だらけの我が家と違い、ドアを開けっぱなしにしようが、

暖房を切ろうが、冷えるまでになかなかの時間を要します。

これなら風呂に入るとき、気合を入れなくてもいいですよね。

でも、逆にこんな環境だからこそ、風邪をひかないような体に

鍛え上げられてるのかな・・・なんて思ってました。(〇〇なだけ?)

受け売りですが、インフルだタミフルだと騒ぐのは日本人ぐらいものらしいですね。

日本人にはこの仕事があるから何としても・・・とか、これを遂行するまでは・・・

とか、仕事に対する責任感が強く、

それだからこそ「ものづくり」において世界をリードしてきた素晴らしい美徳があります。

しかし、それでかえって体を休ませずに拗らせることもあると思います。

拗らせてしまっては本末転倒になりますから、やはり普段から

自分の仕事の立ち位置を確認し、自分がいなくなった時にどうしたら会社は回るのかを

マニュアル化するなり、人に伝えるなりして、全体像で考えることも大事ですね。

明日一つ仕事を社員さんにお願いする言い訳みたいですが・・・coldsweats01

宜しくお願い申し上げます。

仕事冥利

おはようございます。山元ですsun

昨日、お客様から大変うれしいお知らせが届きました。

私が設計し、弊社社員さんと二人三脚でやってきた商品があります。

その商品が、昨日、某大企業の社長賞を受賞いたしました。

その大企業の方からこんなの出来ないでしょうか?

と相談を受けたのが始まりでした。

その後、設計→試作作成→試験運転と

トライ&エラーを繰り返し、やっと今の形になったものは、

各地で実績を重ね、素晴らしい賞を頂けるまでのものになりました。

お客様に喜んで頂けて、なおかつそれがほかの困っておられる企業様にも喜んで頂けて、

そして我々も喜ぶことが出来る。

我々にとってこんなに嬉しいことはありません。

この誇らしい気持ちを胸に今日も新たな喜びを求めて頑張ります!!

否定を肯定に

おはようございます。山元です。

今日は社内で勉強会をします。

この勉強会にはルールが有って、お互いの発表やこちらからの意見などに

一切否定語を使わないこと。

もともと設えのあるルールに乗ってやっているわけですが、

素晴らしいルールですね。

お互いの顔を見てニッコリ笑ってみたり、ハイタッチしてみたり、

普段にはないテンションなので、私以下非常に戸惑いと緊張がありますが、

終わった後には何か清々しいものが残ります。

自分をよく見せようという時、人より優位に簡単に立とうとするとき、

どうしても否定語が出がちです。

否定語は反感やマイナスイメージしか生みませんし、

肯定語は認められたという安心感や、プラスイメージを生みます。

どちらがいいでしょうか?

当然後者ですよね?

否定語を肯定語に変えていければもっと素晴らしい意見やイメージが生まれる。

そう信じて本日も取り組みたいと思います。

普段の生活もです。

頑張ります!!

整理整頓

おはようございます。今週週番の山元ですsun

突然寒くなりましたが、皆様体調管理などは万全でしょうか!?

先日家内と子供が実家に何日か帰っていました。

二人がいなくなって一番最初に着手したのは、家の整理。

まだ子供が小さいですから、普段の家はガチャガチャです。

そこで元の状態に戻しました。

まず感じるのはこんなに広かったっけ?ということ。

物がないと声すら響きます。

そして見えなかったものが見えてきます。

ここにこんなものがあったのか・・・いらないな。

これはここに移動したほうが動線がいいのでは・・・。

など、普段にはない気づきが得られます。

そうすると、会社に行った時にも視点が変わります。

ここにこれはいらないな。

この資料は長いこと持っているけど活用していないから捨てよう。

この仕事が溜まってるな・・・

など。

机の汚い人に仕事は出来ないと言いますが、やはりそういうことなのでしょうね。

身の回りの整理、常に意識して取り組んでいきます。

今週も、宜しくお願い申し上げます。

山元

チームワーク

おはようございます。本日代行の山元ですsun

先日お客様が来られた時に、面白いことをおっしゃってました。

そのお客様は大人になってからボートを始められたのですが、

入っておられるチームがかなりの強豪です。

その中に入っていけるほど、没頭されているわけですが、

その方がおっしゃるには、そのような強豪チームでも

「勝った!」

と思った瞬間に逆転されたり、ギリギリの勝利になったりするそうです。

チームワークが大切ですから、だれか一人でも欠けると

歯車がうまくかみ合わず、思ったようにスピードが出ないということです。

私たちも小さな会社で少数精鋭でやっています。

誰か一人に怠惰や慢心が生まれると、歯車が狂ってしまいます。

チームワークを大切に。

歯車が狂いそうなら修正をしていかなければなりませんね。